<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

豚とアサリの白ワイン煮込み

b0315906_20094723.jpg

b0315906_20095533.jpg

b0315906_20100956.jpg


今週も超ーーーー簡単でメイン料理もはれるお料理の紹介です。



豚バラ肉とアサリとトマトの白ワイン煮込み



★材料

豚バラかたまり肉(400g)
塩適量
あさり殻付き(500g)→ 砂抜きし、殻をこすり合わせて洗う
プチトマト(10個)→ 半分にきる
にんにく 1かけ → みじん切り
赤唐辛子 → 半分に切って種を出す
オリーブ油
タイム か ローズマリー
白ワイン 1/2カップ
コショウ 適量

1 豚バラかたまり肉を1cmの厚さでカットし、”しっかりめ”に塩をして10〜30分置く

2 鍋(厚めのルクルーゼかストウブ)にオリーブオイルを熱し、豚バラ肉を焼く

3 全体に焼き色がついたら、タイム(ローズマリー)、ニンニク、赤唐辛子をいれる

4 良い香がしてきたら、アサリをいれ、白ワインをいれ、最後にプチトマトをいれて蓋をする。

アサリの口がひらいたら出来上がり♪


こちらも下準備をしておけばやく10分ほどで出来上がりです。

豚バラとアサリとトマト…すべてから出汁がでて旨味成分満載でした!

トマトの酸味でさっぱりと

白ワインが合うかもですね♪





[PR]
by kili-store | 2014-08-29 20:09 | お料理

スイカスティック oishii

スイカって日本だけの夏の風物詩かと思いきや、

海外でも大人気で(当たり前ですよね) イタリアではスイカバーなるものまであり、

ちゃんとフォークとナイフでいただくのだそうで、

いつも通りスイカにかぶりついちゃうと

しろーい目で見られちゃうようなのでご用心だそうです。


アメリカ式(となっている)スイカの素敵な切り方を見つけましたのでやってみました♪


こちらのスイカスティック

とても食べやすく、お子様やパーティなどでもおすすめの切り方です.






b0315906_11255130.jpg

b0315906_11260083.jpg



[PR]
by kili-store | 2014-08-28 11:21 | 暮らしの楽しみ

お料理チャンネル 「ドライフィグと豚のワイン煮込み」

こんにちは!

ずっと雨続きの福岡です。
でも、巣ごもりできるので雨はすきです。


久々にお日様が!と期待して!いそいでシーツを洗って干して、スーパーに行ったらどしゃぶりにやられたりしたので
この夏は
洗濯物はずっと部屋干しです。と決めました.

洗濯部屋で除湿器をフル稼働させていますが…

我が家の買ってよかったー!家電No.3は

除湿機

食洗機

T-falの電気湯沸かしポットです。


と、関係ない前置きが長くなりましたが

今週から毎週自分を鼓舞するため、センスアップ、おば力アップ(女子力と、死ぬほど言いたい!)
のためお料理を記事を、アップしたいと思います。


今週は「おうちでバルスタイル」

ドライフィグ(いちじく)と豚かたロースの赤ワイン煮込みを作りました!

自画自賛!


口に入れた瞬間?「あれ???牛肉???だったっけ?」かと思いました.
(主人もこれ豚だよ!といったら驚いていました)

まるでビーフシチューのようでした。

豚特有の臭みが消え、赤ワインでコクが増し、冷めても柔らかくおいしいーーーーーー!
赤ワインで煮込みますからもちろん赤ワインに合います♪

しかもオーブンにいれて1時間半ほおっておけばよく私はその間にDVDを一本みれました。
(ラッセ・ハルストレム監督のセイフ・ヘイブン…めっちゃ良かった!!!)

作り方も本当に簡単ですのでぜひぜひ!お試しくださいね。

____________________


★材料 (2人分)

豚肩ロースブロック(タコ糸をまく)250g
ドライフィグ(干しイチジク) 5個


A
ニンニクひとかけ
赤ワイン1カップ
醤油50ml
はちみつ 大2
塩 少々
粒こしょう(黒) 5粒
ローリエ 2枚
クローブ(粒) 小1



作り方

1 ドライフィグ(干しイチジク)は半分に切り、ニンニクも半分に切って芯を抜く。

2 鍋に豚肉、ドライフィグ、Aをいれて蓋をして150度に予熱したオーブンで1時間半加熱する。
(つまりオーブンに材料を入れて、セットするだけ)


終わり
b0315906_10365619.jpg

私はストウブ鍋で作りました.

ストウブ鍋がない方も、できればルクルーゼなどで作った方が美味しくなるかも。

写真もビーフシチューのようですね。


b0315906_10370630.jpg

今回の気づき…

料理は目でも食べるもの…

クレソンを買っておかなかった事が失敗でした.

クレソンをたっぷりと添えたかった。(でもこれでセンスアップとおば力アップは確実にしました。)

写真を撮らなければわからなかった気づきです。

一歩前進♪

それでは皆様また来週〜

[PR]
by kili-store | 2014-08-24 10:25 | お料理

子供の机 消ゴムのカスとの戦い mama

消しゴムのカス…

子供の頃は全然気にならなかったような気がするのですが…

机の上の消しゴムのカス…皆さんはどうお掃除してますか???


現在使っているダイソンの掃除機はなかなかに重くうるさく机の上まで持ち上げるのも大変ですし、

ノートやら教科書やら、文房具やらを出しっぱなしの机の上を片付けてから→掃除機…→めんどくさい

というループにハマり長い間”みないふり”をしてきました。(子供たちは全然気にならないようでしたし…汗)


たまに雑巾で拭くのですが、消しカスって一度では拭ききれないのでイライラしていました。


norman COPENHAGEのDustpan & Bloom

これが思いのほか使いやすくてビックリしました。

ブラシは永久的に使用出来るよう中国の古い技術を使い、手間ひまかけて一つずつつくられています。

なるほどとても弾力があり、小さな埃も落とす事なく綺麗にとれます。

以前は100円ショップで比較的にシンプル目なものを購入して、使っていましたが…

どうしてか「断捨ラー」(日常的に断捨離をする人の意…で私がそう呼んでいる)の私の目にとまり

ある朝、突然捨てられてしまう運命にありました。

(私はどうも100円ショップの物は手放してしまう傾向にあります…)


ゴミもちりとりの下の方に逃げてしまう雑なデザインものなんかもあり…

そして

ちりとりとブラシの大きさの比率で ゴミが両横にもれてしまう物もあり…
(ちりとりはブラシをおおらかにゆったりと受け止める大きさを備えていなければならない!)

これは…

★ 小さなゴミも逃がさない濃密にはえそろった豚さんの毛ブラシ部分と。

★ 横に90度に傾いたブラシとそれをうけとめるちりとりのマッチ感と。

★ ゴミが下に潜り込まず、ほんのちいさな埃まで「取りきれる!」ちりとりと。

(デザイナーのイエンセン氏は小さな埃やゴミが常に気になり、新聞紙をちりとり代わりに掃除をしていました。
新聞紙の構造から、一枚の単純なシートで見た目にも美しく、必要のない時はしまっておけるようデザインしたそうです。)

★ 使い終わったあとは持ち手のフックにひっかけて、しまっておけるコンパクトさ。



久々によい買い物をしてしまったかもしれません!

また"Dustpan and Broom"はスカンジナビアデザインのイニシアチブと創造性促進を目的に設けられたヨーロッパでも権威ある賞のひとつ「Formland Prize(フォームランド賞)」を受賞しています。

b0315906_10333821.jpg

b0315906_10335061.jpg

b0315906_10340337.jpg

b0315906_10341617.jpg

b0315906_10343105.jpg

b0315906_10344325.jpg

息子の部屋と机と持ち物は基本 全て緑…

娘は…ピンクです。


他にもリビング用に黒をつかっています。




[PR]
by kili-store | 2014-08-17 10:30 | 断捨離・整理

遅ればせながらご挨拶

こんにちは。

はじめまして今頃のご挨拶で申し訳ございません.

世界の食器と雑貨のお店「kili」の木下祐希ともうします。


福岡市は中央区で中1(男子)と小5の(女子)の母をしております。


趣味は散歩とカメラと断捨離と整理整頓、DVD鑑賞と雑貨店めぐりです。

8年前主人の転勤の関係で福岡に越してきて、そのまま山の上あたりに一軒家を建ててしまいました。

福岡のゆったりとしたふくよかな風土が大好きです。




OL(今はOLって言わないのでしょうかね.笑)の頃は丸の内におりました。

25歳の時に職場でいろいろとストレスが重なり、

フラフラとまるで助けを求めるかのようにアロママッサージを受けました。


「人の手で人をこんなに優しく癒す事ができるなんて…」と感動し、

そのままそのお店に併設されていたアロマスクールに入学し 昼はOL、夜はスクールで2年間勉強しました。


その後結婚→会社を退社し、アロマサロン、エステサロン、リフレクソロジーサロン、

産婦人科の産婦さんへのエステケア、化粧品の営業などを経て

自分のサロンをスタートさせました.


そのアロマサロンの片隅に昔から好きだったお気に入りの雑貨を並べるコーナーをつくりました。

すると、お客様が「これ可愛いですね!」とか「これ素敵ですね!」といって帰りがけに買ってくださったりする事が

嬉しくてもっともっとこんなことやりたい!!!

私がいいと思った物を!だれかも気に入って買ってくれるなんて!!!夢のよう♪

よし!待ってて♪もっともっと素敵な物がたくさんあるのよー♪
(たくさんの人と出会えた場所…小さいサロンは今はお休みをしています。)



私が好きな物を思う存分に表現するブログとそしてちいさなお店…

そんな気持ちで始めました (まだまだ何からどうしていいのか分からない…)そんなお店を開いてみました.



アロママッサージを志す前から自然に自然に…好きだった食器やテーブル周りの小物たち。

それからほんの時々友達を招いてするおもてなし。

日々のお料理やたまに(?)頑張る掃除など…の日々のこと。


それから世界の女性の編む生活に興味があり、
暮らしを支える”女の人”と 気候や風土、風習、習慣、知恵から生まれたその土地ならではの”生活雑貨”。


世界中のお皿や可愛いものキッチンツールそんなものを訪ねて、みて、撮って、そして買い付けて……という暮らしに憧れているので

ブログに「世界の・・・」とつけました。

訪れていただいた方に…

世界じゃないじゃん!!!と軽く突っ込みをいれられないよう…ちょっといいわけ。


ここまでお読みくださってありがとうございます。


どうかこれからもよろしくお願いいたします。



b0315906_21114440.jpg







[PR]
by kili-store | 2014-08-16 12:57 | 店主紹介ご挨拶

キャンドルホルダー 街

KEHLER (ケーラー)のキャンドルホルダーは

並べると懐かしい街のようです。


真ん中のは「教会」


昔から何故か修道院や教会が好きでした。

その昔、(前世と言われるものがあるなら)きっと、馴染みが深かったのではないかという気がします。

だから、このキャンドルホルダーを灯すとき、

とても豊かで静かな気持ちになります。

でも今夜聞いてる音楽はレゲエ。。。という(笑)



b0315906_21113311.jpg

b0315906_21114440.jpg

b0315906_21115591.jpg

b0315906_21120578.jpg




KEHLER Urbania シリーズキャンドルホルダー三点セット

KEHLER Urbania シリーズキャンドルホルダー三点セット
kili

詳しくはこちら >
[PR]
by kili-store | 2014-08-13 21:07 | kili store

夏はカレー

定期的に食べたくなるカレーですが、

実はスパイスたっぷりなカレーは体を冷やす食べ物なのだそうです。

意外ですね。


なんかホット!になりそうなのに。


カレーの発祥の国インドは熱帯の国だと考えるとなるほど♪と感じますね♪

ちなみにバナナも体を冷やすんだとか。(あまり関係性ないですが。。。焦)


今回は

★挽き肉と茄子とトマトを使ったカレーと

★スパイスから作るバターチキンカレー


カレーは大体毎回2種作ります。


家族で好みが分かれるからです。


カレーには、濃いめの茶色のランチョンマットが似合うかなーと思ったらピッタリで嬉しくなったので写真を撮ってみました。

b0315906_18441779.jpg


[PR]
by kili-store | 2014-08-12 18:37 | お料理

KEHELERのウルバニア キャンドルスタンド

KEHELERのキャンドルホルダー
ウルバニアシリーズの シティハウス


キャンドルをともしても

置物としても素敵です。


b0315906_08484370.jpg
夕暮れ時からのキャンドルは贅沢な気分に


昼間は影が楽しい
b0315906_08451823.jpg


KEHLER キャンドルホルダー(シティハウス)

KEHLER キャンドルホルダー(シティハウス)
kili

詳しくはこちら >
[PR]
by kili-store | 2014-08-08 19:52 | kili store

新しいテーブルクロス

久々に帰省しました。(千葉)

普段はあまり感じることはないのですがやはり関東(千葉東京)は

品数が豊富です。


ありすぎて迷いすぎるから普段は福岡がちょうどよく感じますが、

やはり日本では最先端な場所東京で

素敵なお皿をみつけました!


あるお店で見つけたカラフルでかわいい民俗調のお皿。

こんなのが欲しい!!!!!

「これください!!!!」

と、言うと

これはディスプレイ用にメキシコで買い付けてきたものなのです。ごめんなさい。。。
と。


帰ってきて調べたら、メキシコの

タラベラ焼」なる

伝統的な焼き物だそうです。


タラベラ焼!!!


残念ながらタラベラ焼のお皿は買えなかったので、

フランフランでセールだったテーブルクロス二枚と
(4000円がなんと1600円)

ランチョンマットを買ってきました♪



テーブルクロスなら折り畳んでバッグに入れて持って帰れるし、一枚で全くテーブルの世界を変えられる!
ってことで最近かなり増え続けています。



b0315906_22280896.jpg

[PR]
by kili-store | 2014-08-06 20:41 | テキスタイル